080-4918-8944

ブログ

2018/06/08(金)

腰痛に悩む方への健康ブログ5月分(湿布・寝る姿勢・食事・冷え)

カテゴリー:新宿 整体

 

こんにちは。めぐみかわの健康にまつわる情報ブログです。

 

今回は、5月にお届けしたブログ

湿布の注意点・寝る姿勢・食事・冷え

の記事をまとめてみました。

 

 

患者様からの質問「湿布貼ってもいいですか?」

湿布を貼るとどんな効果があるか?

・スーッとして貼ると楽になる
・冷やされて気持ちがいい
・痛みが引いたきがする

こんな風に患者様から聞くことがあります。

病院で処方される湿布といえば、
「モーラステープ」「ロキソニンテープ」が二大巨塔でしょうか。

これらの湿布は、
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の成分が入っております。

 

NSAIDsの効果

体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質である「プロスタグランジン」が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる効果があります。痛みや炎症をとるだけではなく、飲み薬では解熱剤としても使用されます。湿布薬では、痛みや炎症をとる効果が期待できます。

 

副作用は?

比較的少ないとされていますが、発疹、発赤、かゆみ、刺激感などの症状があります。かゆみなどの兆候が見られた際は、使用しないようにしましょう。

 

光過敏症に注意

https://ameblo.jp/0163533544/entry-12372008709.html

まずはこちらのブログをごらんください。

光過敏症になった方のブログです。

 

モーラステープの裏面にも書いてあります。

貼付部を紫外線にあてると光線過敏症をおこすことがあります。
⑴戸外に出るときは天候にかかわらず、濃い色の衣服、サポーター等を着用し貼付部を紫外線にあてないでください。
⑵はがした後、少なくとも4週間は同様に注意してください。

 

つまり、モーラステープは紫外線で過敏症を発症する恐れがあるし、はがした後1ヶ月も紫外線に注意してね。

 

ということなんです。

皆様も注意しましょう。

 

実は私の母も光過敏症でして、洗濯物を干しにベランダにほんの数分いただけで真っ赤な湿疹が出て、痛痒そうにしています。日焼け止めがカバンから手放せないそうです。

 

まとめ

辛さがまぎれるのであれば、辛い時は湿布はしてもOKです!

薬が皮膚を通して染み込んでいくので、一生使うのはあまりお勧めしません・・・。

そして、使用方法や副作用には注意していただき、異変を感じたら、薬剤師さんにすぐに電話しましょう。

その辺の薬局に入って質問してももちろんOKです( ^ω^ )

 

 

「痛い時に寝る姿勢で気をつけることってありますか?」

 

寝方で腰痛が悪化しちゃったら、嫌ですよね。

 

インターネットで「腰痛 予防 寝方 姿勢」と調べると

・膝の下にクッションを入れて寝る

・横向きに丸まって寝る

・硬いマットレスに変えて沈み込まずに寝る

なんて出てきます。

 

試せそうなものはひとまず試してみて…

なーんかしっくりこない。

でもこの姿勢で痛みがよくなるなら…って

しばらくはそのまま頑張ってみるものの

全然寝られない!なんてことも。

 

そんな質問に対して、

私が患者様にいつもお伝えしているのは…

 

今一番楽な姿勢で寝てください

 

なんですね。

 

姿勢は、筋肉の張り具合で取りやすさが決まっています。

例えば、右のお腹の筋肉が硬くなって、逆に左のお腹は伸びきっている状態の人。この場合筋肉の緊張からして、少し体をひねった方が楽なハズです。

それを、無理に真ん中にして、固定するために膝下にクッションを入れて、左右均等に寝たとします。

違和感ありまくりなことは想像できるかと思います。

だから、筋肉の左右差がなくなるまでは、まっすぐ寝るより、捻って寝た方が体への負担は少なくなります。

 

 

なので

姿勢は筋肉の左右差があるときは、無理に変えなくて大丈夫ですよ

( ´ ▽ ` )♪

 

健康的な食事について

 

健康的な食事って言うと、結構ハードル高いですよねー。

「甘いものがやめられない」

「これ体に悪そうだなって思いつつ、つい食べちゃう」

「野菜ジュースとか納豆とか毎日とろうとしたけど、一日坊主」

なんて

欲に負けちゃう

もしくは習慣化しなかったり。

 

できなかった時、つい「こんなはずじゃ。」「今度こそやろうって決めたのに」「自分てなんて意志が弱いんだろう」

って自己嫌悪に陥って。

しまいには「好きなものを好きなだけとろう(笑)」

って開き直っちゃったり。

 

そんなあなたにオススメしたいことはこれ。

 

増やすのでなく、減らそう

 

新しいことを増やそうとするからパワーがいるんです。

 

・コンビニに行く時に買うおやつを週1回減らしてみる

・マーガリンを塗る量を減らしてみる

・夜食の量を少し減らしてみる

・サラダ油たっぷりの料理を一皿減らしてみる

 

減らすことからはじめて、できたら自分を褒めてあげる。

 

減らすのが習慣化してきたら、

食事に対する考え方が変わってるかもしれない。

 

その時に初めて【増やす】ことにトライしてみたらいいのでしょうか?

 

ちなみに私はこんなことに気をつけています。

・オーガニック低温圧搾法のアマニ油を大さじ1納豆にかけて毎日摂る(旅行のひ以外)

・水もしくはルイボスティーは一日1,5ℓ以上のむ

・3ヶ月に1回は断食(酵素ファスティング)してデトックス

・塩は岩塩

 

食事を変えることは、自分の中身を変えることです。

血、

内臓、

筋肉

どれも食事に左右されます!(もちろん免疫力や体温などの要素も絡んできますが・・・)

 

健康的な食事で体が変わると、

腰痛などの不調も変わってくるかもしれませんよ( ´ ▽ ` )

 

冷えると痛みも強くなる?

実際こういうかた、結構当院でも多いです。

 

血液が冷えると流れが滞って、栄養が体に行き渡らなくて痛みが出たり、

寒いと体が縮こまって、固めてしまうことで筋肉に痛みが出たりするもので、

確かに痛みと寒さは関係していると言えそうです。

 

じゃあ冷えを改善するのにどうしたらいいか?

 

簡単な方法は

・15分以上の入浴

・カイロとか腹巻とか靴下とかあったかくなるアイテムを使う

・あたたかくする食事をとる

・体を冷やす食事の摂りすぎ注意

 

などですかね。

 

今日は特に食事について、お伝えします。

以下の陽性食品(体を温める)を積極的にとりましょう♪

もちろん、陰性食品も栄養素の面では大事ですので、加熱したり、陽性の食品と合わせて摂取して見てくださいね。

o0650071613863415254

引用:http://siamthai.biz/archives/733

 

「生姜は体を温める」と言いますが、

生姜の剥き方や保存方法がわかりやすく書いてあったサイトもありましたので、一緒にご紹介しますね。

↓↓

————————————–

VEGEDAY[ショウガ]冷え対策の栄養素から、レシピ別の切り方まで紹介 http://www.kagome.co.jp/vegeday/yasai/ginger/


 

体を温めて、腰痛を撃退しましょう♪

 

 

これからも引き続き、恵川の健康ブログをお願いいたします。

スクリーンショット 2018-05-03 16.33.52

 

 

 

10月22日(月)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)