080-4918-8944

ブログ

2018/05/07(月)

腰痛の時、寝る姿勢ってどう寝たらいいの?

カテゴリー:新宿 整体, 新宿 腰痛

 

こんにちは。

 

整体院めぐみかわの院長石川理恵です。

 

スクリーンショット 2018-05-03 16.33.52

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

今日の内容は、

「痛い時に寝る姿勢で気をつけることってありますか?」

と患者様にご質問頂いたので、

お答えします。

 

寝方で腰痛が悪化しちゃったら、嫌ですよね。

 

インターネットで「腰痛 予防 寝方 姿勢」と調べると

・膝の下にクッションを入れて寝る

・横向きに丸まって寝る

・硬いマットレスに変えて沈み込まずに寝る

なんて出てきます。

 

試せそうなものはひとまず試してみて…

なーんかしっくりこない。

でもこの姿勢で痛みがよくなるなら…って

しばらくはそのまま頑張ってみるものの

全然寝られない!なんてことも。

 

そんな質問に対して、

私が患者様にいつもお伝えしているのは…

 

今一番楽な姿勢で寝てください

 

なんですね。

 

姿勢は、筋肉の張り具合で取りやすさが決まっています。

例えば、右のお腹の筋肉が硬くなって、逆に左のお腹は伸びきっている状態の人。この場合筋肉の緊張からして、少し体をひねった方が楽なハズです。

それを、無理に真ん中にして、固定するために膝下にクッションを入れて、左右均等に寝たとします。

違和感ありまくりなことは想像できるかと思います。

だから、筋肉の左右差がなくなるまでは、まっすぐ寝るより、捻って寝た方が体への負担は少なくなります。

 

 

なので

姿勢は筋肉の左右差があるときは、無理に変えなくて大丈夫ですよ

( ´ ▽ ` )♪

 

また次回も体にまつわる情報をお届けしますので、お楽しみに!

 

電話

整体院恵川(めぐみかわ) 石川 理恵

3044腰痛ヘッド-2

住所:新宿区高田馬場3-1-5 サンパティオ高田馬場517号室(高田馬場駅より徒歩3分。JR早稲田口を出てすぐの横断歩道を渡り、さかえ通りに入り、トンカツ屋さんがある一つ目の角を右折、神田川の目の前の煉瓦色のマンションの517号室です)

ホームページ:http://megumikawa-seitai.com

腰痛体操などの動画:https://youtu.be/I54KM7Xq20o

 

 

 

 

 

 

 

 

8月23日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)