080-4918-8944

ブログ

2018/01/27(土)

姿勢から痛みの原因を突き止めるフローチャート

カテゴリー:新宿 整体, 新宿 腰痛

 

チャート

 

痛みの原因のタイプ

痛みの根本原因を考える上で大切な姿勢。

 

患者様からよく言われるのが、

猫背だから背筋をまっすぐ伸ばすように注意している

 

確かに姿勢を正すことはいいことです。

ただ、姿勢って、曲がる・伸びる以外にも、捻り(左右方向)を考えていらっしゃるでしょうか?

 

痛みを訴える患者様で猫背は気をつけているとおっしゃっている方でも、「普段足を組んでいる」人ってすごく多いんです。「椅子の上であぐらをかいている・片足だけあぐらをかいている」こういう人も多い。

 

足を組む時って、体はどうなっているでしょうか?

 

答えは・・・捻られています!

 

捻りがあると、左右の筋肉のバランスが崩れて痛みが出る原因になります。

 

ここで別の視点から考えます。

今挙げたものは比較的目に見えやすい捻りです。

目には見えないものを考えてみます。

重心の乗せ方の左右差も捻りに繋がるということです。

例えば、たった時の重心がかかとに来てしまう人。

かかとだけど特に左かかとに強く重心がのっている。

読んでいるそこのあなた。実際に立って左かかとに体重を乗せてみてください。

バランスをとって右膝が少し曲がったり、右の腰が前に出たりしましたね。本当にわずかな程度で。

 

目に見える捻れも見えない捻れも痛みに繋がっていくのです!

 

「理屈はわかったけど、自分でチェックする方法が知りたい!」そんな方の為に、フローチャートを作成しました。

 

チャート

 

わかりやすく4パターンに分けるとこんな感じ

①外側重心で痛みが出ているタイプ

②後方重心で痛みが出ているタイプ

③指先の過緊張で痛みが出ているタイプ

④重心改善で比較的早く痛みが改善するタイプ

 

捻れがある人は、靴のすり減りに現れたり、バランスを取ろうとした時の指の過緊張などとして視覚で把握できます。

 

もしこのフローチャートに当てはまる人は、当院で改善できる可能性が非常に高いので、ぜひお越しください。

 

この左右のバランスの崩れがどこから来ているのかを、姿勢の検査からしっかり評価し、あなたのお体に一番最適な治療プログラムを立てて行きます!

 

 

 

8月23日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)