080-4918-8944

ブログ

2018/05/03(木)

湿布貼ってもいいですか?【光過敏症注意】

カテゴリー:新宿 整体, 新宿 腰痛

 

こんにちは。

整体院めぐみかわの院長の石川です。

 

スクリーンショット 2018-05-03 16.33.52

今日は、患者様からの質問「湿布貼ってもいいですか?」にお答えします。

湿布を貼るとどんな効果があるか?

・スーッとして貼ると楽になる
・冷やされて気持ちがいい
・痛みが引いたきがする

こんな風に患者様から聞くことがあります。

病院で処方される湿布といえば、
「モーラステープ」「ロキソニンテープ」が二大巨塔でしょうか。

これらの湿布は、
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の成分が入っております。

 

NSAIDsの効果

体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質である「プロスタグランジン」が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる効果があります。痛みや炎症をとるだけではなく、飲み薬では解熱剤としても使用されます。湿布薬では、痛みや炎症をとる効果が期待できます。

 

副作用は?

比較的少ないとされていますが、発疹、発赤、かゆみ、刺激感などの症状があります。かゆみなどの兆候が見られた際は、使用しないようにしましょう。

 

光過敏症に注意

https://ameblo.jp/0163533544/entry-12372008709.html

まずはこちらのブログをごらんください。

光過敏症になった方のブログです。

 

モーラステープの裏面にも書いてあります。

貼付部を紫外線にあてると光線過敏症をおこすことがあります。
⑴戸外に出るときは天候にかかわらず、濃い色の衣服、サポーター等を着用し貼付部を紫外線にあてないでください。
⑵はがした後、少なくとも4週間は同様に注意してください。

 

つまり、モーラステープは紫外線で過敏症を発症する恐れがあるし、はがした後1ヶ月も紫外線に注意してね。

 

ということなんです。

皆様も注意しましょう。

 

実は私の母も光過敏症でして、洗濯物を干しにベランダにほんの数分いただけで真っ赤な湿疹が出て、痛痒そうにしています。日焼け止めがカバンから手放せないそうです。

 

まとめ

辛さがまぎれるのであれば、辛い時は湿布はしてもOKです!

薬が皮膚を通して染み込んでいくので、一生使うのはあまりお勧めしません・・・。

そして、使用方法や副作用には注意していただき、異変を感じたら、薬剤師さんにすぐに電話しましょう。

その辺の薬局に入って質問してももちろんOKです( ^ω^ )

 

3044腰痛ヘッド-2

 

整体院恵川(めぐみかわ) 石川 理恵

住所:新宿区高田馬場3-1-5 サンパティオ高田馬場517号室(高田馬場駅より徒歩3分。JR早稲田口を出てすぐの横断歩道を渡り、さかえ通りに入り、トンカツ屋さんがある一つ目の角を右折、神田川の目の前の煉瓦色のマンションの517号室です)

電話:080-4918-8944(一人職場のため、電話に出られないこともあります・・・)

受付:9時から20時(不定休)完全予約制

ホームページ:http://megumikawa-seitai.com

腰痛体操などの動画:https://youtu.be/I54KM7Xq20o

 

 

 

 

 

 

5月31日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残3名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。