080-4918-8944

ブログ

2018/04/11(水)

予約殺到!スゴ腕の専門外来で放送された腰痛の内容まとめ

カテゴリー:セルフケア , セルフケア すべり症, 新宿 すべり症, 新宿 整体

 

こんにちは。整体院恵川の院長の石川です。

今日は東京は曇りの予報でしたが、予想外に晴れて気持ちが良いですね♪

今日は、2018/4/10(火)に放送された「予約殺到!スゴ腕の専門外来スペシャル」を見逃してしまった方のために、内容を要約します。「腰痛治療の最先端医療」で見たい!!とおっしゃられていた患者様も多かったので…★

 

①歩行困難となる腰椎すべり症(腰椎変性すべり症)で悩むAさん(仮名)。

・足の痺れと痛みが昼から寝るまで続く

・長く立っていられないから、家事は椅子が必須

・室内は物につかまって、つたい歩き

・「電気がババババという感じ」

そんな悩みを持つAさんは、最先端医療のMISt手術を東京都にある国際医療福祉大学三田病院で受けることに。整形外科の石井賢先生は「なるべく切らずに患者の負担を減らしたい。それがMISt手術。」と話す。MISt術後1ヶ月後、Aさんはすっかり別人のようになり、娘さんとスタスタ歩けるようになっていた。

②腰痛のある方は太ももの後ろのハムストリングスという筋肉が硬くなっているから、そこを伸ばすストレッチを紹介。

腰椎すべり症ってなに?

腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫され、痛みや痺れなどが出現する。以下は脊柱のレントゲン写真。

スクリーンショット 2018-04-11 14.22.25

引用:日本整形外科学会

MISt手術の詳細

脇腹から3cm開腹、劣化した椎間板を取り除き、そこにチタン製の人工椎間板を入れて脇腹を縫合。

うつ伏せになり、背中を2cm切開し、ネジ穴をあけ、ワイヤーを通す。そしてネジを通し、5cmの金属棒を橋渡しする。ボルトを取り付けて締めることで、ズレた椎間板を正しい位置に戻していく。

DSC_2448

↓ボルトをしめていき

DSC_2447

矯正。

ビフォーアフターはこちら。

DSC_2449

 

MISt手術の費用と入院期間

保険適応で自己負担約12万円、入院1〜2週間。

腰痛予防ハムストリングスストレッチ

DSC_2456

①椅子を用意する。

②足を肩幅に開く。

③椅子の背もたれを掴み前屈。お尻を後ろに突き出すようなイメージで、太ももの裏が伸びている感じを感じる。

④膝を少し曲げ5秒キープする。

⑤膝を伸ばし5秒キープする。

⑥これを5セット、朝昼晩の3回行うと、効果的。

当院で指導している簡単な太ももの裏の緩め方


方法

①仰向けに寝る。

②膝を曲げる。角度は自分が一番膝や股関節に無理のない楽な角度で。

③かかとを軸にしてつま先を20度くらいあげる(軽くかかとで地面を踏み込みながら上げていくイメージ)。

④これを90秒キープする。

⑤手や首はだらんとリラックスさせておくこと。

⑥これをするだけで、背中、お尻、太ももの裏などが一気に緩みます。

こんなサイトもおすすめ

こちらのサイトは、ハムストリングスの緩め方を画像で詳しく説明されているので、ハムストを緩めたい方にはおすすめです。

セルフボックスさん→https://selfbox.jp/news/179

 

当院の紹介

当院は東京都新宿区高田馬場駅にある整体のお店です。

「歩くと痛くなる腰痛を、湿布もコルセットも痛み止めも使わずに、たった一箇所の歪みを整える施術でスタスタ歩けるようになりたい」と言った腰の痛みに悩む方が多く通院されるお店です。

 

今回のブログでご紹介したすべり症の方も「手術はなるべく避けたい。最終手段にしたい」といって多くの方が来られます。

 

すべり症になる原因として、すべっている脊椎の付近がかなり圧迫される体の使い方をしたり、姿勢の歪んだ状態が長く続いたりしたことによって、すべってしまうということが考えられます。

その負担がかかる姿勢は、意識だけで治せたらいいのですが、「猫背を改善しようと頑張ってみてるけど、気付くとまた猫背になっている」「足を組まない方がいいってわかってるけど、気付くと組んでたりする」など、意識だけでは改善しない経験はありませんか?

 

姿勢は、筋肉によって作られます。お腹の筋肉がぐーっと緊張して、反対に背中の筋肉は張り詰めている状態で猫背になってるとします。

これを、背中の筋肉のマッサージだけして、猫背が改善するかというと、難しそう。お腹の筋肉も緩めて引っ張り具合をなくして、背筋を伸ばしてあげた方が、猫背が改善しそうですよね。筋肉を変えていってあげることで姿勢が改善します。

 

つまりすべり症も、すべっている背骨部分だけを施術するのでなく、背骨に負担をかける姿勢を作っている筋肉を施術していくことで、姿勢が変わっていき、すべった背骨部分への負担が減っていきます。

 

それだけで症状がかなり落ち着いてくる人をたくさんみてきました。

 

持論としましては、背骨の手術をした人も、そうでない人も共通して言えるのが、

「すべり症の方(すべり症だった方)は、筋肉を変えて、姿勢を変えていくことで、再発のない身体を作れます!だから、症状が落ち着いた後も、繰り返す痛みを出さないために、筋肉&姿勢を変えていきましょう!」

 

もし、当院の施術の詳細や、身体の相談をしたい方はぜひ当院のHPよりお問い合わせください。

 

整体院恵川(めぐみかわ)

院長 石川 理恵

スクリーンショット 2018-02-22 23.07.30

住所:新宿区高田馬場3-1-5 サンパティオ高田馬場517号室(高田馬場駅より徒歩3分。JR早稲田口を出てすぐの横断歩道を渡り、さかえ通りに入り、トンカツ屋さんがある一つ目の角を右折、神田川の目の前の煉瓦色のマンションの517号室です)

受付:9時から20時(不定休)完全予約制

ホームページ:http://megumikawa-seitai.com

 

引用画像:予約殺到!スゴ腕の専門外来スペシャルより

 

 

 

4月30日(月)まで
先着6名様限定割引 → 残3名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。