080-4918-8944

ブログ

2018/02/10(土)

痛みの改善には、歩いた方がいいですか?【整体 新宿 恵川】

カテゴリー:セルフケア , セルフケア 腰痛, 新宿 整体, 新宿 腰痛

 

こんにちは。

IMG_0783

本日も、貴重なお時間をいただいて

東京都新宿区、近隣の渋谷区や中野区、

遠方からは、 兵庫県から

腰痛や坐骨神経痛

の症状でお悩みの患者様が来院される

整体院恵川のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

本日のテーマは、新宿区の整体院恵川による

痛みの改善に歩いた方がいいか?

というテーマについてお届けします。

歩いた方がいいですか?

当院に来られた50代のお客様にこんな質問をされました。

この方を少しご紹介すると、

半年前に転倒してから腰痛が出現。腰をひねった時の腰痛、慢性の肩のこり(重だるさ)に悩まれていました。

なんとか改善しようと、

・ストレッチをしたり

・お風呂で温めたり

されていました。

入浴後はすっきりするものの、翌日になりお仕事をするとまた痛みとハリが出てしまうとのことでした。

「ストレッチをと入浴を続けても改善しない・・・」と思って当院に来てくださいました。

 

その中でされた質問がこちら

痛みはまだあるけど、歩いてもいいですか?

 

歩くことはとてもいいですね!!

ウォーキングの効果

・足や体幹の筋力の強化

・血行の促進

・代謝量up

特に血行の促進はいいです!

家事や仕事などの日常生活で同じ姿勢を長く続けていると、筋肉が緊張して血管を圧迫することにより、血液の流れが悪くなります。すると筋肉の中の老廃物が排出できずに溜まったままとなってしまい、コリを引き起こします。全てではありませんが、慢性的なコリや痛みは、血行不良によるものが多いので、ウォーキングはコリや痛みを解消する手助けになります。

代謝量のupもとてもいいです!

血行が良くなり、体温も上昇し、代謝がよくなります。代謝がよくなる=老廃物を取り除くことに繫がりますので、コリの原因である筋肉の中の老廃物も排泄しやすくなります。

代謝が上がることはダイエットにも繋がります。

腰痛と肥満は関連があるという文献は見つけられませんでしたが、日本整形外科学会では、変形性ひざ関節症は肥満が関与すると記載がありますので、痛みの除去にも繋がりますね。

 

歩く時のポイント

①足の親指が正面を向いている
②腰のひねりは左右対称
③地面を蹴るのは親指でしっかりと!

 

①足の親指が正面を向いている

ガニ股で歩いてしまうと骨盤が外側を向いてしまい、外側の筋肉に負担がかかってしまいます。親指は正面を向けた状態がbest!

 

②腰のひねりは左右対称

腰のひねりが左右対称でないと、筋肉の左右のバランスが崩れ、一定の場所に負担がかかってコリが発生し痛みの原因となる可能性があります。チェックの仕方としては、何も手に持たない状態で鏡の前に立ち、足を一歩前に出してみましょう。その時のおへそや胸の中心の位置の角度を確認します。痛みがある方は片足(特に右足のときが多い)はおへそが斜めをむき、もう一方は正面を向いているケースがよくあります。

 

③地面を蹴るのは親指でしっかりと!

①と似ているのですが、ガニ股の人や、親指や人差しが浮き指(名前の通り指が踏めずに浮いている)の人は、地面を外側の指で蹴ってしまっている人が多いです。そうするとやはり外側の筋肉のコリが発生し痛みに繋がります。

歩行の体重の正しい乗せ方はこのような形です↓↓

かかとから着地→まずは少し外側に体重が乗る→真ん中に体重が乗るときには重心も中央あたりに来る→(反対足は前をふり出し、かかとが接地し体重を乗せていく→)中央の重心は内側にのり親指でしっかり蹴り出す

 

この歩き方が難しい・・・という方は、外側の筋肉を使う癖が付いてしまっているので、そこを再学習する必要があります。

 

当院ではこの再学習に向けた施術を行っています。

まずは

①骨盤の歪みによる足の長さを揃え、バランスの良い足の状態にする

②使いすぎて硬くなっている筋肉を緩める

③使わなすぎて、逆に使いづらい状態に変化している筋肉を使いやすい状態にする

④バランスよく使えるようになった状態で動作を行い、再学習する

⑤体は歪んだ使い方に戻りたくなっているので、戻らないようにする自主トレーニングをその都度指導

このような流れで行なっていきます。

 

歩く時にオススメな靴

こちらのアサヒメディカルウォークさんの靴はオススメです。

IMG_0938

かかとが硬く、膝が内側に入りづらい設計(つまりまっすぐ親指で蹴り出せる)になっています。

当院から徒歩8分程度の高田馬場駅を挟んだ反対側に、フランスベットリハテックショップさんにも展示してありますので、ぜひ試着してみてください。「整体院恵川の紹介できた】と言っていただけると、5%引きになります。

住所→169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目31番16号   守山ビル

地図はこちら→https://goo.gl/maps/JpYptJYWT6m

 

 

終わりに・・・

歩くことは健康にとてもいいことなので、継続していただければと思います。

ただ、崩れた姿勢でのウォーキングは、効果半減ですので、正しい姿勢で歩いてみてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京都新宿区はもちろん近隣の渋谷区・中野区、遠方は兵庫県から

 

腰痛に悩む方が多く通院される腰痛専門の整体院です。

痛みがなくなった方も継続される方がたくさんいらっしゃいます。

他の施術院と何が異なるのか?と言いますと、

「保険の範囲内の決まった枠組みで痛みの出ている範囲(つまり腰痛なら腰周囲の筋肉)のみの施術は行わず、患者様一人一人の痛みの根本原因を調べてから、一番効果の高い施術を行う」

「回復過程に合わせた自主トレを覚えてもらい、痛みの戻りを予防する」

点が他の整体とは異なります。

 

また、私は平成21年に病気にかかり、今も経過観察中ですが、「病気になる辛さ」「闘病」「病気によって自分の叶えたい目標が絶たれる辛さ」を経験したことより、病いの改善の嬉しさを沢山の悩む人に感じてもらいたいと強く思っています。

 

きっとこのブログを読んでくださったあなたは、痛みでやりたいことが思うように出来なくって、辛かったり、悔しい思いをしていることでしょう。

 

でも、安心してください。

 

あなたがなぜ腰痛になってしまったのか、これからどうしたら治っていくのか、改善の道のりを一緒に歩んでいきます。

痛みが出ても、何もせずとも横になってたらすぐに治ることもあります。

大人になって、自然治癒力(免疫など)が低下した時に、痛みは戻りづらくなっていきます。

 

症状がすぐに改善しているうちは、どこにも通わなくてもいいかもしれません。

でももし、痛みのせいで、将来の叶えたい目標ができなくなる不安を感じているのであれば、

ぜひ、当院で一緒に改善していきませんか。

 

あなたからのご連絡お待ちしております。

 

患者様の喜びの声は、当院HPのトップページよりご参照ください。

 

 

分からない事や疑問点などありましたらお気軽に当院までお問い合わせ下さい。

————————————————————————–
整体院恵川

院長:石川 理恵

住所:東京都新宿区高田馬場3-1-5 サンパティオ高田馬場517号室(高田馬場駅より徒歩3分)

受付:9時から20時(不定休)完全予約制

ホームページ:http://megumikawa-seitai.com

 

 

 

2月26日(月)まで
先着6名様限定割引 → 残3名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。