080-4918-8944

ブログ

2017/12/02(土)

3年間繰り返す殿部の痛みが増悪し歩けなくなった女性の改善への道のり

カテゴリー:お客様の声, 新宿 整体, 新宿 腰痛

 

3年前から殿部の痛みが出たり消えたりを繰り返した結果、歩けない痛みになった女性の改善への道のり

S.T 様

R女性

S.T様が当院に来院された経緯

夫と二人暮らしのSさん。家のことは全てSさんに任せっきり。
もともとの持病や骨折のリハビリなどで、多いときは週3日は通院している中、家事を完璧にこなし頑張られていました。

3年ほど前に左のお尻、脚の付け根が痛みはじめ、病院でMRIなどの検査結果は

「椎間板ヘルニアのせいだろう」とのことで、痛み止めを処方されました。

数日経てば痛みは消えていたので、再発しても痛み止めを飲んで、どこかに通うこともなく自分で対処されていました。

その後痛みの出現頻度が半年から3ヶ月、1ヶ月と徐々に間隔が狭くなりましたが、異変に気付きながらも、いつもと同様におさまるのをまったSさん。

ある日突然強く痛みが出てしまい、家の中で歩けなくなってしまい、HPで検索して当院に連絡をくださり来院されました。

初回のカウンセリングの様子

恵川院長石川
Sさん初めまして。
院長の石川です。宜しくお願いします。
これまでの経緯についてお話いただけますか?

Sさん
はい。椎間板ヘルニアと言われたことがあります。3年間お尻から足の後ろ側にかけて痛みがありました。

先日歩けないくらいの痛みで、家の中で這うくらい。

今日は少し収まったのですが、続けて歩くのは辛いです。
歩いてると、ジワーっと棒になってしまうようです。

とにかく歩けるようになりたいんです。
半年前尻餅をついて右手首骨折して今リハビリにも通ってます。でも、なかなか力が入らないんです。これもできるならみて欲しいです。


恵川院長石川
ありがとうございます。

そうでしたか、3年前から繰り返していたのですね。

わかりました、痛みをとって、さらに繰り返さないように施術を進めましょう!

では身体をチェックしていくので、立ち上がってもらっていいでしょうか?

検査の結果

検査の結果・・・
殿部の筋肉・お腹の奥の方(腰部の筋肉)で痛みが変化。

繰り返す殿部の下の痛みを引き起こしている原因が
「お腹の筋肉と両方の殿部」にありました。
また、持病の内科疾患により「内臓下垂」も原因として
浮かび上がりました。
これらをSさんに一つ一つ丁寧に原因と検査結果と
施術方針をお伝えしました。
特に大事なのが、お腹の筋肉の緊張を取り除くことです。
まずは、この問題点を取り除いていくことで経過をみながら
施術の間隔を決めていきましょうとお話して初回の施術に入りました。

初回の施術

初回は背面の筋緊張の調整とお腹の奥の調整を軸に行います。
そうすることで、痛みと直結している部分を変化させるので、
痛みがひとまずは落ち着きます。
施術後は体が軽くなり、この状態をキープするために施術間隔を最初はなるべくつめて来るように指導。

今後、気にされていた右手の痛みの方も次回にしっかりみさせてもらいますとお伝えしましたが、「嬉しい。治りそうな気がする」と安心されていました。

次回は7日後に予約して帰られました。

2回目の施術 初回より7日後

「初回の治療が終わって、デパートにそのまま買い物に寄れました。立ち止まることもなく!その時マカロン先生のために買ったので、どうぞ。」
「朝もちょっと痛みが出るけど、半日もすると薄れて、忘れてしまうくらいになりました」と明らかに回復してきているとプレゼントを渡しながら笑顔でご報告くださいました。

今回も前回同様殿部とお腹の奥の方の筋肉の調整に加え、内臓治療も合わせて行いました。腎臓の重さがありましたが、調整後は軽くなりました。

循環がいいことでさらに痛み物質の分解を促進しますので、内臓調整は欠かせません。

そして気にされていた右手の力が入らない部分に対して評価すると・・・
左の前腕の筋肉が関係していると判明。左腕に対して施術を行うと
右手の動きが改善。ご本人も驚かれていました。左の腕にホットタオルを
乗せて温めるよう指導。

7日後の予約をとり、さらに10回回数券をご購入いただきました。

3回目の施術 初回より14日後

「歩いていくうちに、今度は右ふくらはぎが重くなっていきました。ホットタオルは毎日やっています。調子のいい日悪い日を繰り返している感じです。」とSさん。最初のような歩けなくなる痛みは再発はしていないとのこと。

筋膜調整や内臓調整をして、また1週間後に予約をされました。

4回目の施術 初回より21日後

「腰に時々重みや痛みが出ます。あと右ふくらはぎも。最初みたいな歩けなくなるのは全然ない。あ、先生にお菓子持ってきました。」
と優しいSさん。痛みは時々腰や足に出ている模様。
「生まれつき内臓が悪くて、体育はいつも見学だったの。病気は治らないから、調子がいいのと悪いのを繰り返しちゃうんだと思うわ」と打ち明けてくれました。

9回目の施術 初回より58日後

「千葉に3日間行ってゆっくりしてくる。(持ち)マンションの目の前に海があってね。水が好きだからそこにしたの。」
と嬉しそうにご報告いただきました。
歩けなくなる不安がなくなり、旅行に行ってリフレッシュされるまで回復されて、本当に嬉しかったです。

また、本日アンケートと動画を撮影させていただきました。

恵川院長石川
まとめ
今回のSさんの症状は殿部から太ももにかけての痛みと、右手首の動かしづらさ・力のいれづらさが主症状でした。

病院ではヘルニアと診断を受けましたが、対症療法で治療は勧められませんでした。

だから、自分でなんとかするしかないと思って自己対処していたそうです。

でも自己対処の限界を超え始めたことに気付きながらも放置してしまったことに「もっと早く行動してたら…」と後悔もされていました。

初診で検査をした時に、改善すると判断しました。

その理由は、関節の柔軟性はかなり保たれており、筋肉自体も物凄く硬くなく、骨盤や肩甲骨の歪みもほとんどなかったからです。

原因となっているのは、明らかに両方の殿筋とお腹の奥の筋肉。

この2点が軸でした。

それをSさんにお伝えして、
「Sさんは体の原因を変えただけで、すごく変化があった。だからよくなります、大丈夫です!歩けるようになりましょう!」とお伝えしました。

そうすると落ち込んで来られていた表情が晴れました。

初診でのSさんの印象は、「今まで放置した自責の念が強い」。
他の患者さんでもそういう方は多く見られます。

特に60代以降の痛みが寝たら治る経験を繰り返してきた中高年に多い傾向があります。

でも、痛みの原因をお伝えし、姿勢を少し気をつけてあげるだけでも、案外早く回復することも。

結果、Sさんは初回以降は歩けなくなる痛みはなくなり、再発することはありませんでした。
半年悩んでいた手の方もかなり回復し、旅行にも行けるようになりました。

当然表情も明るく良い笑顔のお写真も頂けて、嬉しく思います。

痛みがないと、こんなに嬉しいものなんですね!びっくりしました。
痛みが出たら自分で対処するのは間違っていたことに気付けました…
自己判断せずに、プロに相談した方がいいことが学べました!

自分の体を通してそんな学びが得られたとSさんはおっしゃっていました。

Sさんは当初のような数歩歩いたら止まって休憩をすることはなくなり、
家で這うこともなく、旅行にまで行けるようになりましたが、
原因を判断して、適切な施術を行い、さらに回復段階に合わせた自主トレーニングを行なっていけば、意外とすぐに悩みが解決したりするものです。

もし、あなたもSさんのように繰り返す痛みに自分で限界を感じ、悪化したらどうしよう・・・とお悩みであればぜひ一度ご相談ください。

Sさんのように回復する可能性は十分ありますよ。

Sさん、感想のアンケートとお写真をありがとうございました!

石川 理恵


電話

整体院恵川

住所:東京都新宿区高田馬場3-1-5サンパティオ高田馬場517

電話:080-4918-8944 休診:第3土日・不定休

受付時間:9〜20時

29.11最新の地図

グーグルマップで開く

 

 

 

 

12月12日(火)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。