080-4918-8944

ブログ

2017/10/03(火)

靴のすり減りが偏っている人の腰痛の原因【足の裏の皮膚が硬い】【新宿 整体 恵川】

カテゴリー:セルフケア , セルフケア 腰痛, 新宿 整体, 新宿 腰痛

 

こんにちは。

 

東京都新宿区の腰痛専門整体院、院長の石川です。

 

ブログへの訪問ありがとうございます。

 

靴のすり減りが左右で違う方は、腰痛になりやすい方が多いです。

 

前々回は概要編として、腰痛が出現する原因としては、

①外反母趾がある

②足の裏にタコや魚の目、かかとの皮膚が硬くなっている

③アキレス腱のポーズでおへそが斜めをむいてしまう

ことがあると、腰痛が起こりやすい(再発しやすい)

とお伝えしました。

 

今回は、②についてお話ししていきますね!

 

↓↓まずはこちらの動画をご覧ください↓↓

 

大きくなってしまう人はここをクリック

腰痛が出現する原因:足の裏が硬い

 

まずはたこや魚の目とはどのような状態か?

胼胝たこべんち)とは、皮膚の角質層が極端に肥厚した状態のことである。足の裏など機械的な圧力、摩擦、衝撃がかかる箇所に生成しやすい。角質層が深層に突起し、痛みを伴うものはうおのめ(魚の目,鶏眼)という。

足の裏、足の親指の付け根、かかとなどに生成することが多い。皮膚の表面が厚く、硬くなり、大きなものは痛みを伴う。外反母趾などが原因で骨が出っ張った場所にできることもある。筆記用具を長時間使用することにより手の指にできる場合(ペンダコ)や、スポーツの防具などを使用することでできる場合もある。

出典:ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/胼胝)

簡単にいうと、圧が特にかかっている場所の皮が厚くなっていくということですね。

 

さて、あなたの足は柔らかいですか?

それとも硬いところがところどころありますか??

はたまた一部分だけすごく硬くなっていませんか!?

 

当院に通われる方(腰痛などの痛みに長年苦しんできた方)で皮膚が硬いところの好発部位をお伝えすると・・・

 

一位:かかと!!!に広範囲(2〜4cmの大きさ)

 

二位:親指の側面(爪の2mm外側に5mm大)

 

三位:小指の側面(小指の外側、ちょうど爪先と根元の半分くらいの位置に2mm大)

 

次点:人差し指から薬指の付け根の下くらい(1〜10mm大)

 

こういった場所が、腰痛の方は硬く肥厚している方が多いです!!

 

さて、ここで思い出して欲しいのがウィキペディアの説明。

【足の裏など機械的な圧力、摩擦、衝撃がかかる箇所に生成しやすい。】

つまり、ものすごく圧力がかかっているから、皮膚が硬くなっていくということなんですね。

 

この説明はいつも患者様にさせていただいているのですが、

みなさま飲み込みがとても早く

「ということは、かかとや親指の側面、小指の側面、指の根元の下の方に体重がかかったり、摩擦が起きているということなんですね!」

というようにすぐに理解してくださいます。

 

ではなぜ、これらのところに圧力がかかるのか?

以下の原因が考えられます。

 

・かかとに重心が思い切りのっている

・外側重心で、足が斜めに傾斜がつくと、親指の側面は靴の側面に擦り付けられ、摩耗したり、圧迫されたりする

・外側重心で、小指が押しつぶされ、小指の側面はいつも圧迫された状態になっている

・かかと重心で、指は浮き気味になっているから、指の根元の下で支えている。

また、指の筋力が弱まり、歩く時の足の蹴り出しは指で蹴り出せず、指の根元の下で蹴り出してしまっている。

 

 

この状態が長く続くとどうなるか?

①かかと重心が常になっていると、腰もそって、いつも腰をそる筋肉(腰の後ろ、お尻、太ももの裏、ふくらはぎ、背中、首の後ろ、頭)が緊張した状態になる

②緊張した状態が続くと、そこを通る神経や血管を圧迫し、血流障害や痛みが出現する

③腰痛になる

というように進行していきます。

リンボーダンスのような腰を常におこなっていたら、腰痛になりそうではないですか?

 

かかとや人差し指から薬指の根元の皮膚が硬くなってしまっている人は、常に後ろ重心の可能性が高く、長年になればなるほど、腰の筋肉がガチガチに固まっていきます。

 

また、外側重心の原因は、前回のブログでも説明したように、外反母趾によるものが多くを占めます。

(さらに言えば、足の長さが違ったり、かかとの骨とアキレス腱のつなぎ目が傾斜のある方なども、外側重心につながったりします。)

 

対処法

足の重心をバランスよく使えるようにすることです。

これを聞いて「前と内側を意識すればいいんでしょ?」と思われる方もいらっしゃると思います。

それも一つの選択肢ですね。

ただ、猫背の人が背筋を伸ばすと無理がたたって色々な筋肉が痛くなったり、長続きしないことってよく聞きますよね。

つまり、筋肉が何も準備できない時に無理に引き延ばそうとすると、痛みが出るし辛いんですね。

ですので当院の施術では、

①まずは硬くなっている部分(かかとや外側の筋肉)を緩ませる

②使えてない内側や前側の筋肉を緩ませて、筋力を発揮しやすくする(ここは前回の施術とかぶりますね)

③その下準備をしてから、前側や内側に体重を乗せる訓練をしていく

と段階を踏んで、無理のないようにすすめていきます。

 

 

タイトルにあった、靴のすり減りが違うのは、重心がある部分に集中してかかった結果、靴が一部分すり減っていってしまうんですね。

 

もし、腰痛でお悩みの方で、足の裏にタコや硬い部分がある方。

当院の体に無理のない施術を受けて、長年の腰痛とおさらばしていきませんか!

 

きになる方は、HPよりご連絡ください。

 

整体院恵川

院長:石川 理恵

住所:東京都新宿区高田馬場3-1-5 サンパティオ高田馬場517号室(高田馬場駅より徒歩3分)

受付:9時から20時(不定休)完全予約制

ホームページ:http://megumikawa-seitai.com

 

 

当院は、東京都新宿区(高田馬場駅)にある整体院ですが、他の区だけでなく、遠方からもたくさんのお客様が通院されています。

一部をご紹介すると・・・

渋谷区、練馬区、港区、品川区、江東区、大田区、荒川区、板橋区、杉並区、世田谷区、立川市、千代田区、北区、文京区、豊島区、三鷹市、中野区、国分寺市、日野市、西東京市、府中市、市川市、和光市、吉川市、相模原市、川崎市、川口市、大宮市、流山市、厚木市、横浜市、茨城県、福島県など

みなさま、当院の【痛みの根本原因を調べた上での施術】を受けにきてくださっています。

今なら1日先着2名様に限り、「ブログを見た」と言って頂ければ通常初回施術費12000円(初診1980円+1回施術費10000円)を 初回1980円!! で受けられます。(2回目以降10000円)  初回施術に限り、原因説明や施術に納得していただけない場合は、初回のお代はいただきません。時間は初回60分(カウンセリング+施術)2回目以降40分です。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

12月15日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。