080-4918-8944

ブログ

2017/10/03(火)

靴のすり減りが偏っている人の腰痛の原因【アキレス腱伸ばし診断】【新宿 整体 恵川】

カテゴリー:セルフケア , セルフケア 腰痛, 新宿 整体, 新宿 腰痛

 

こんにちは。

 

東京都新宿区の腰痛専門整体院、院長の石川です。

 

ブログへの訪問ありがとうございます。

 

靴のすり減りが左右で違う方は、腰痛になりやすい方が多いです。

 

前々々回は概要編として、腰痛が出現する原因としては、

①外反母趾がある

②足の裏にタコや魚の目、かかとの皮膚が硬くなっている

③アキレス腱のポーズでおへそが斜めをむいてしまう

ことがあると、腰痛が起こりやすい(再発しやすい)

とお伝えしました。

 

今回は、③についてお話ししていきますね!

 

↓↓まずはこちらの動画をご覧ください↓↓

大きくなりすぎる人はここをクリックして視聴

 

 

アキレス腱伸ばし

検査方法をおさらいしますね。

①まずは立ちます

わかりやすくするために、以下のことをしてもOKです。

・鏡の前に立って、姿勢をチェック

・骨盤の出っ張りに手を当てて、骨盤の方向を常にチェック

 

②つま先を前に向けます。

 

③大股で一歩前に片足を出しましょう。

 

④出した足をぐーっと膝を曲げていき、膝でつま先が見えなくなるくらいまで深く曲げていきます。

 

⑤その時に、おへそがどの方向を向いているか、チェックしましょう。正面?少し内側??とっても内側?!

 

⑥左右ともおこない、それぞれのおへその方向がどちらを向いていたかを確認しましょう。

 

そして、おへそが内側を向く人、かなり左右差が大きい人は、腰痛になりやすいです。

 

なぜ、内側を向いてしまうのか??

前回前々回のブログを見てくださった方は、予想がつくかもしれませんね。

 

原因

 

①重心が外側にかかっているから。

前の足に重心をかけようとしても、外へ逃げていく。

それを防ぐために体を内側にひねってバランスを保とうとしている。

だから、おへそは内側を向く。

 

②重心が後方にかかっているから。

前の足に重心をかけようとしても、前で支える筋力がないから、根元で支えようとする。

そして親指が使えない人は、総じて小指の方で蹴ろうとする。

 

なぜか?(ここは小難しいので、なんとなく理解してくださいねー)

通常の正常な歩行の重心のかかり方は、

かかとに乗る

まずは小指側に体重を乗せる

足の内側に重心を乗せていく(ローリング機能が働く)

最後の蹴り出しは親指でしっかり蹴り出す

反対側のかかとがつく

 

というふうに、

小指からついて、親指の方に体重を移動させて、親指から抜けるのですが、

指が浮いている人は、

小指に乗った状態のままで足を蹴り出してしまうんですね。

だから、外側重心ということで、

先ほどと一緒でバランスを取ろうとして体を内側に入れていく。

 

腰痛の方がよくおっしゃるのが、

「腰が痛い時って、よちよちペンギン歩きになっちゃうんですよー!!」

これ、本当に多い。

週1以上聞いてる。

つまり、足をペタペタしながら歩いている。

つまり、親指で蹴り出すなんてことは一切なし。

後方重心のまま、ペタペタ歩いているってこと。

これが続けば親指が使えなくなっていく道のりは見えています・・・。

 

③足の長さが違うから

立った時に、ウエストのあたりの骨盤の出っ張っているところの高さを比べてみましょう。

わからない人は、友人や家族に触って見てもらいましょう。

腰が痛い方は、どちらかが高くなっています。

想像してみてください。

足の長さが違った状態で、アキレス腱伸ばしをして、バランスを崩さずにできるかどうか?

斜めに崩れますね。

つまりおへそも正面は向きそうにないことは、

なんとなーく想像できるのではないでしょうか?

 

対処法

アキレス腱伸ばしがまっすぐにできるようになればいいです。

これを聞いて

「鏡を見て、まっすぐにアキレス腱伸ばしを繰り返していって、体に覚え込ませればいいんでしょう!!」

とお思いの方もいらっしゃると思います。

それも選択肢の一つですね。

ただ、腰が痛い人って、膝を深く曲げるだけで痛みが強くなる方もいらっしゃいますし、

まっすぐ向けた状態にすると

・腰が痛い

・アキレス腱が痛い

・太ももが辛い

とその姿勢をとること自体が難しい人場合もあります。

ですので当院の施術では、

①まずは足の長さを骨盤調整をして揃える

②前側・内側に体重が載せられるように、筋肉を施術で緩めて、筋力が発揮しやすい状態にする

③その後にアキレス腱のポーズを行う

段階を踏んでいくと、無理なくまっすぐアキレス腱のポーズが取れるようになるんですねー!

 

 

 

タイトルにあった、靴のすり減りは、アキレス腱がまっすぐおへそが向けていない方は、重心が左右差があるから、靴のすり減りも差が出てくるんです★

 

アキレス腱がまっすぐ重心移動できずに腰痛でお悩みの方、当院に通院して、根本原因から腰痛を改善してみませんか?

 

整体院恵川

院長:石川 理恵

住所:東京都新宿区高田馬場3-1-5 サンパティオ高田馬場517号室(高田馬場駅より徒歩3分)

受付:9時から20時(不定休)完全予約制

ホームページ:http://megumikawa-seitai.com

 

 

当院は、東京都新宿区(高田馬場駅)にある整体院ですが、他の区だけでなく、遠方からもたくさんのお客様が通院されています。

一部をご紹介すると・・・

渋谷区、練馬区、港区、品川区、江東区、大田区、荒川区、板橋区、杉並区、世田谷区、立川市、千代田区、北区、文京区、豊島区、三鷹市、中野区、国分寺市、日野市、西東京市、府中市、市川市、和光市、吉川市、相模原市、川崎市、川口市、大宮市、流山市、厚木市、横浜市、茨城県、福島県など

みなさま、当院の【痛みの根本原因を調べた上での施術】を受けにきてくださっています。

今なら1日先着2名様に限り、「ブログを見た」と言って頂ければ通常初回施術費12000円(初診1980円+1回施術費10000円)を 初回1980円!! で受けられます。(2回目以降10000円)  初回施術に限り、原因説明や施術に納得していただけない場合は、初回のお代はいただきません。時間は初回60分(カウンセリング+施術)2回目以降40分です。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

 

 

 

 

12月12日(火)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。