080-4918-8944

ブログ

2017/06/26(月)

腰痛を治すのは治療家ではなく「あなた」です

カテゴリー:新宿 整体, 新宿 腰痛

 

From石川理恵

@新幹線より・・・

 

こんばんは。

東京・新宿区で腰痛専門の整体院を開いております石川です。

 

24,25日は京都で研修会でした。

 

19237994_785889131592927_6286892108281211473_o-2

 

24日は生徒として、25日はスタッフとして研修会に参加。

なんのスタッフか気になりますか?

施術院経営をしているもしくはこれから独立したい方に向けて、「施術院を立ち上げる最初のスタートの方法と安定のさせ方」を学ぶ研修会のスタッフなのです☆

私ももうじき独立して1年になります。その経験を多くの施術家に伝えることで、より多くの痛みに苦しむ方が笑顔になってほしい気持ちからスタッフになりました。

 

Two women

そして今日は6回コースの第3回目だったのですが、嬉しいことがありました♪コースの2回目で話した子達が、続々と私のところに来て、「電話問い合わせが殺到しました!」と報告してくれたのです。

 

さて、私は何をしたのか?

それは・・・

話を聞いて「行動するきっかけを与えた」だけ

なんです。

 

例えば、

・チラシの写真の色が暗く老けた印象になっていたから「フリーランスのカメラマンとかを使って、新しい明るい写真に変えてみたら?」とアドバイスをした

・2週間に1度入れている折り込み広告を「折り込みから電話問い合わせが結構おこってるから、毎週8000枚入れてみたら?」とアドバイスした

・ポストに巻いたチラシから問い合わせがおきている子に「隣町にも巻いてみたら」とアドバイス

などなど・・・。

 

でもこれって、アドバイスをしただけで、「彼女・彼ら」が行動できたからこそ出た結果なんですよね。

この事は腰痛施術にも同じことが言えそうじゃないですか??

 

Cute little girl doing homework, reading a book, coloring pages, writing and painting. Children paint. Kids draw. Preschooler with books at home. Preschoolers learn to write and read. Creative toddler

例えば当院では宿題が出ます。

・「胸の筋肉のこのあたりを軽い力で押してきてください」

・「寝た状態から膝を曲げて、かかとを支点にしてつま先を持ち上げるポーズをとってください」

・「体を右にひねって左手を斜めにストレッチしましょう」

など、その方のお体を検査・評価して、一番痛みに関わっているポイントの自主トレーニングをお願いしています。

 

なぜ、言われたことを「行動」しなければならないのか?

私たちの体は、恒常性といって、常に同じ状態であろうとします。例えば体温は36度を一定に保っていて、風邪を引いたとしても、熱が下がればまた36度になりますよね。

そして痛みも同じことがいえます。腰を揉んで一時的に緩和しても、普段通りに過ごせば、痛みが戻ってしまいます。

だから、その人の痛みの原因にあった自主トレを毎日行うことで、痛みが緩和した状態が維持出来るのです。

 

腰痛が戻らないためには、「行動する」ことが大切です☆

 

腰痛の原因と、戻らない対策をお伝えする整体がきになる方は、こちらをクリックしておすすみください

 

http://megumikawa-seitai.com

 

行こうか迷ってる方はメッセージをいただけると嬉しいです

http://megumikawa-seitai.com

 

 

 

 

 

 

12月15日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。