080-4918-8944

ブログ

2017/06/25(日)

「痛い所を揉む」のは薬物より危険かも?

カテゴリー:新宿 整体

 

From石川理恵

@京都のホテルより・・・

 

こんばんは。

東京の新宿で腰痛専門の整体院を開いている石川です。

 

今日はとってもいいことがありました!!

開業して2年で4億を売り上げたスーパースターのお師匠様と、ツーショット写真を撮りました!!

DSC_1327-4

 

2015年12月に初めて講習会でお会いした時は、一言もしゃべれませんでした。2016年の講習会で二人で話せたのは5分未満でした。そして2017年6月現在、懇親会で隣に座ってずーっとお話し、写真を撮るまでになれました!!感激です(涙)

 

この先生のすごいところ

ご自身が開発した痛みを治す施術技術を日本の医療界に持っていって、レントゲンやMRIと同等に痛み施術の一番初めの選択肢に加える(医者もこの施術法を身につけ使えるようにする)というもの。

そのための戦略は・・・

・自社の技術セミナーを拡大させ認知してもらう

・自社の技術セミナーに医師も来てもらう

・医者にあって欲しいと手紙を書き続ける

・エビデンス(根拠)の確立のための研究

・研究論文を学会で発表

・本(教科書)を出版

などなど・・・

もちろん私が知らないことも沢山していらっしゃると思いますが、戦略的に行動されています。

 

「戦略を立てること」これって腰痛の施術でも通じるものがあると思いませんか?

 

sport woman waist injury in the park,great for your design

例えば、腰が非常に痛くなって、マッサージに行ったらどうなるでしょう?硬いところをぐいぐい押してもらって、一時的にはすっきりしますね。でも、1日も経てばまた痛みが戻ってしまう。これってなんでだと思いますか?

そうです。戦略を立ててないからなんです。

骨盤がゆがんでいるとしましょう。わかりやすいのが、仰向けに寝たときに、片足だけつま先がすごく外を向いていたり、足を揃えて長さを測ると片方の足が1センチ長かったりすれば、骨盤はゆがんでいると言えます。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e

 

出典:http://www.positive-stretch.com/blog/腰痛の原因はあの筋肉が関係している!/

骨盤がゆがんでいるとなると、上の赤くなっている筋肉(腸腰筋)はどうなると思いますか?そうです。一方が伸びて、一方が縮んだ状態となり筋肉に負担がかかります。つまりこの筋肉の負担を取るためには、

・硬くなった筋肉を緩める

・骨盤矯正をして、左右の足の長さや開きを同じにする

と言った戦略が立てられます。

さらに踏み込んだ戦略を立てると、なぜ、骨盤が歪むのか、その理由を探していきます。

例えば、

・足のかかとの減りが激しいのであれば、かかと重心になって腿の前側の筋肉がうまく使えず骨盤のバランスも崩れる。

・指のつけの外側が硬くなっているのであれば、内側の指は使えていないから外側に体重が乗り、バランスを取ろうと膝や骨盤を内側に入れてしまうから歪む

・肩が前に出てるけど左右で角度が違ってどちらかが特に前に出ていると、それをカバーしようと肩が出ている側の骨盤も前に出してしまい歪む

・一方の足を組んだり、頬杖をしてしまう。どちらも同じ手足で1日に何回もやってしまってる。

 

など、その人の姿勢を見ながら、どこをどうしていったらいい状態に戻るのかの戦略を立てます。

 

やみくもに腰だけを揉む施術を続けていると、歪みや痛みの原因が改善することなくそのまま放置され、いつかひどい痛みや痺れが出てくるかもしれません・・・・!!

 

その場の安楽をとるのか?それとも未来の健康てきな体を手に入れるのか?

 

どちらを選ぶのもあなたの自由ですが、

「子供や孫と充実した生活」「楽しい老後」を望む人は、

今から生活を見直してみませんか??

あなたの症状に合わせたオーダーメイドの施術プランをご提案させていただきます。

 

http://megumikawa-seitai.com

 

ー石川 理恵

PS:腸腰筋の硬さの左右差によって痛みが出ることもあります。

腸腰筋の緩め方をおまけにつけておきますね。

ぜひおこなってみてください。

動画が見れない方はこちらをクリック

 

http://megumikawa-seitai.com

 

 

 

12月15日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。