080-4918-8944

ブログ

2017/05/08(月)

歩行時の痛みを一時的に取り除く方法とは?

カテゴリー:院長ブログ

 

おはようございます。

 

新宿区の整体師石川理恵です。

 

009

 

今日は京都行きの新幹線の中よりお届けします。

 

今月からは月3日ほど京都に研修に通います。

 

観光したい・・・(><)

 

行ったことないから、宇治の方に行ってみたいですね。

 

お客様の弟さん(?)が開いているお店があるので、そこにも顔だしたいですね〜。

 

さてさて、今日の本題に移ります。

 

1.歩行時の腰痛の悩み

1−1.    対処法

 「歩いている時に腰痛が徐々にひどくなって、辛い」
というお悩みのあなた。
少し立ち止まったり座ったりして、筋肉を休めたり、
腰を前屈みにして脊柱管を広げたり、
少しアキレス腱でも伸ばしてストレッチしてみたりして
どうにか対処していると思います。

1−2.    不安

・ いつ腰痛が起きるかわからないことや
・ 痛みの度合いが大きくて動けなくなったらどうしよう
 など、常に不安がつきまとっているのではないでしょうか。
いつ起こるかわからない不安を少しでも取り除ける知識が欲しい・・・
だから、スマホで「歩いている時 腰痛 ストレッチ」とか、
「簡単 腰痛体操」とか調べて、
情報が多くなってよくわからなくなることもしばしば。
とりあえず試してみて、自分に合っているものを探す。
それもいいと思います。
合う、合わないってあると思うので。
医者もそう。
自分と合えば通えばいいし、合わないと感じれば、別のところ行けばいいと思う。
でもここで伝えたいことは何かというと、
「ここでも簡単な腰痛予防体操をお伝えするので、合うかどうか試してみて」
ってことです。

2.簡単な腰痛予防方法

2−1.     まずは検査

検査があってこその施術なので、まずは検査をしましょう。
やり方は簡単です。
鎖骨の下(どこでもok)を強く押した状態で
「腰痛の痛みが増えるか・減るか・変わらないか」をみてください。
鎖骨の下を押してみたときに、腰の痛みに変化があれば、読み進めてください。

2−2.     お待ちかねの体操

鎖骨の下をマッサージするか、強めに圧迫しましょう。
鎖骨の下全体的にほぐしましょう。
上半身が原因の腰痛の場合、痛みが変わりやすいです。

2−3.     ただこれは、一時しのぎ

というのも、痛みの原因は上半身だけとは限らないから。

根本から改善したいのであれば、全身を検査して、

どこが根本原因となっているのか?を見極める必要があります。

 

3.もし気になる方は・・・

お体に刺激を入れ続けてあげると、必ず変わっていきます。
すぐに大きな変化を出すというよりかは、少しづつ積み重ねていって、お体を作っていきましょう。
あなたも思わぬ部分が痛みの原因となっていて、そこを施術するだけで、歩いた時にいつ出現するかもわからない、不安な痛みが劇的に変わるかもしれませんよ。
再発する腰痛、いつか強いぎっくり腰で動けなくなったらどうしよう(><)
早めになんとかしなきゃ・・・
と考えていたら、
すぐにお電話くださいね。
すぐに良くなっちゃう人も中にはいますので★

今なら特別キャンペーンも行っています♪

 

お電話の時に「ブログを見た」とお伝えしていただきますと、

 

通常初診料10000円が、1980円(税込)で受けられます。

(5月15日まで先着7名さま限定)

 

ぜひこれを利用してくださいね。

080−4918−8944

 

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3−1−5サンパティオ高田馬場517号室

整体院恵川

002 のコピー

お待ちしております♪

 本日の動画まとめ
 https://youtu.be/9tC4p1bcyKI(下の動画が大きい方はここをクリック)

 

 

 

12月15日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。