080-4918-8944

ブログ

2017/05/05(金)

肉を食べると骨がもろくなる【腰痛にならない 栄養】

カテゴリー:セルフケア , セルフケア 腰痛, 新宿 整体, 新宿 腰痛, 腰痛 栄養

 

from 石川 理恵 施術院より・・・

 

009

 

肉の食べ過ぎが骨のもろさに繋がるってご存知でしたか?

 

東京都新宿区の恵川(めぐみかわ)の石川です。

 

■目次
1. お肉大好き
2. 肉は酸性の食物です
3. じゃあどうやってたんぱく質をとるのか?便を柔らかくするのか?

 

 

 
タイトルにあるように、肉がカルシウムを奪うと聞いても、ピンとこないですよね。
週5日はお肉、月1は焼肉パーティーが食の楽しみ!
長寿の人は肉を食べるって聞くし、
本当に肉が骨をもろくするのか? 嘘でしょ。
人間の3大栄養素といえば、たんぱく質、脂質、炭水化物。
「肉なしでたんぱく質はどうとればいいのか。」
というと
思いつくことといえば、
「お魚」
もしくは
「豆腐などの大豆製品」
あたりでしょうか。
肉・魚以外はカロリーも低そうだし、たんぱく質も少なそうだ。
やっぱり肉が一番だ!と考えられるかもしれません。
でも知っていましたか?
肉にはある恐ろしい作用があることを・・・。
知りたいですよねー。
言われれば、ハッと気づくような簡単な内容です。
回りくどいですね(笑)
それは、
「肉を食べて酸性になった血を、アルカリ性に戻そうとして、カルシウムを使用する」こと。
こう聞いたあなた。
え?肉ってそんな怖いの?嘘でしょ。
って思っているかもしれませんが。
一度読んでみてください。

肉は酸性の食物です

スクリーンショット 2017-05-05 19.13.43
出典:http://ayustet.info/酸アルカリのウソ/
肉を食べると、血が酸性に傾き、自分の骨の中にあるカルシウムを使って、中和させようとします。
これを

脱灰

と言います。
(でも、酸性の食物を食べても血が酸性にはならないと述べている人もいらっしゃるので、絶対とは言い切れないのですが、脱灰で調べてみると、たくさんの記事が出てきます。)
「じゃあ何からたんぱく質をとればいいの?」
毎日健康に気をつかっているあなたなら、

骨をもろくさせる食事は避けたいですよね。

 


じゃあどうやってたんぱく質をとるのか?

良質な豆や、海藻、きのこ、良質な魚からとりましょう。

・大豆(遺伝子組み換えでなく、産地が記銘してあるもの)製品
・ゴマや落花生などの木の実
・海苔やワカメなどの海藻
・干し椎茸
・青魚や小魚、甲殻類、貝などの天然なもの

最後に

ちょっとした食生活で、健康な体、腰痛出さない体づくりをしましょう。
お体に変化を起こすには、内外からの刺激を入れ続けてあげると、必ず変わっていきます。
すぐに大きな変化というよりかは、少しづつ積み重ねていって、お体を作っていきましょう。
あなたが腰痛がなかなか良くならない(><)、早めになんとかしなきゃ・・・
と考えていたら、
すぐにお電話ください。

今なら特別キャンペーンも行っています♪

 

お電話の時に「ブログを見た」とお伝えしていただきますと、

 

通常初診料10000円が、1980円(税込)で受けられます。

(5月15日まで先着7名さま限定)

 

ぜひこれを利用してくださいね。

080−4918−8944

 

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3−1−5サンパティオ高田馬場517号室

整体院恵川

002 のコピー

お待ちしております♪

 

 

 

12月15日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。